悪くなっている原因を探すこと

 

悪くなったすべてには原因がある。

 

その原因を解決しないと再発を繰り返します。

現状のみの治療を対症療法といいます。

血圧が高いから薬を飲む、歯が痛いから虫歯を治すなどがこれに当てはまります。

 

なぜ虫歯になったのか?なぜ歯を失ったのか?

その原因を見つける事こそ長持ちさせる治療の第一歩なのですがそもそも大学でそのような教育がおこなえていません。その為、歯医者は治す方法を考えるということだけに注視しがちです。

 

結果、原因を探すという当たり前の行動の習慣がないのが現状です。

 

私達は根本から治すことで歯を失わない治療をすることを目指しています。

原因を根本から治さないとまた歯を失ってしまいます。

今まで治しても治しても歯が悪くなり困っている方や70歳になっても御自分の歯でかみたい方たちの為に私達は日々、診療を行っています。 

 

 

写真は咬み合わせについて半年間のセミナーを受けてきた修了証書です。今後も研鑽し続け長持ちする治療を目指します。

 

西阿知クォーツ歯科